ロンパースベア みんなのこども未来プロジェクト
ロンパースベア スペシャル対談
1歳の誕生日プレゼント、出産祝いに
世界で一つの特別なプレゼントを贈ってみませんか?

こんな時にロンパースベアが選ばれています!

1歳の誕生日プレゼント
お子さまの誕生日プレゼント
1歳~のお誕生日プレゼントとして
家族・友人へのお祝い
家族・友人への出産祝い等のプレゼントとして
感謝を込めて
結婚式での両親への感謝の気持ちを込めたプレゼントとして
1歳の誕生日に選ばれている理由

ロンパースベア スペシャル対談

ロンパースベア スペシャル対談 秀島史香×大隅優子<前編>

ロンパースベア スペシャル対談 秀島史香×大隅優子

「ロンパースベア 100人いたら100通りあっていい」<前編>

秀島史香(ラジオDJ、ナレーター)/大隅優子(主婦の友社、Milly、Pre-mo・Baby-mo編集長)

ロンパースベアが、親子三代の思いをつなげてくれる

娘もベアが大好きでいろんなところに連れていく

大隅:イヤイヤ期のことなども思い出しますね~!

秀島:そうなんです。0歳のころの眠れない日々を思い出すこともあれば、イヤイヤ期のことも思い出す。ベアを目の前にすると、子どもがここまで大きくなったことが「すごいな」と思うのと同時に、自分もここまで走ってこれたんだな、富士山を登山していて途中でここまで登ってこられたのかという確認をする時間にも近いというか。
今やランドセルを背負って、一人で学校まで行ってしまいますものね。
本人も、ベアは大好きですし、このロンパースを着ていた赤ちゃんの時の写真を見るのも好きですね。自分がロンパースを着ている写真を見てからベアを見ると、ちょっとした自分の子分みたいな感覚になるようなんです。いろんなところに連れて行ってますよ。

大隅:私たちは3歳でロンパースベアを迎えましたが、1歳のお誕生日に、お母さんの気持ちを残せるものとしてピッタリなんですよね。「プレモ」「ベビモ」読者のみなさんには、ファーストバースデーにロンパースベアをとおすすめしています。

秀島:そうやって記念に作った想い出のぬいぐるみが、将来的に色々な場面で大活躍してくれるんじゃないかって思うんです。
例えば、娘の結婚式のウェルカムボードの隣にいてくれたら、すごく素敵じゃないですか。
あの時、親はこういうことを自分にしてくれたということを、娘が感じてくれたらなと。あと、「おしゃれなお母さんね」と思われたい(笑)。

大隅:ロンパースベアを注文してベビー服を送るときに、多くの方が「想い出がたくさん詰まったロンパースがベアになるのを本当に楽しみにしています」といった、お手紙を添えられるそうで、やはりどの方にとっても、「特別なロンパース」があるのだなと思いますよね。だからこそ、子どもたちに引き継いでもらいたいですよね。

(取材・文:山田真弓/写真:厚地健太郎)

秀島史香

ラジオDJ、ナレーター。神奈川県茅ケ崎市出身。慶応ニューヨーク学院卒、慶応義塾大学法学部政治学科卒。大学在学中にラジオDJデビュー。
Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN各局『Pleaseテルミー! マニアックさん。いらっしゃ~い!』、NHK Eテレ『デザイントークス+(プラス)』などラジオ、TVナレーションのレギュラー出演の他、美術館の音声ガイド、機内放送、渋谷『ヒカリエ』館内番組(日英)など幅広く活躍。2016年~1年間ベルギーに滞在後、2017年春に帰国。2017年3月に初めての著書『いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則』(朝日新聞出版)を上梓。

https://fmbird.jp/dj/fumika_hideshima/

大隅優子

ミリー、プレモ・ベビモ 編集長。愛知県出身。明治大学卒業後、主婦の友社入社。マタニティ誌『Pre-mo(プレモ)』ベビー誌『Baby-mo(ベビモ)』創刊メンバーとして、妊娠出産育児分野のエディトリアル事業にかかわる。『Como(コモ)』編集長を経て、現職。
『佐々木正美先生の子育てお悩み相談室』など書籍も担当。

プレモベビモ公式webサイト『Milly(ミリー)』