ロンパースベア スペシャル対談
1歳の誕生日プレゼント、出産祝いに
世界で一つの特別なプレゼントを贈ってみませんか?

こんな時にロンパースベアが選ばれています!

1歳の誕生日プレゼント
お子さまの誕生日プレゼント
1歳~のお誕生日プレゼントとして
家族・友人へのお祝い
家族・友人への出産祝い等のプレゼントとして
感謝を込めて
結婚式での両親への感謝の気持ちを込めたプレゼントとして
1歳の誕生日に選ばれている理由

ロンパースベア スペシャル対談

ロンパースベア スペシャル対談 秀島史香×大隅優子<後編>

ロンパースベア スペシャル対談 秀島史香×大隅優子

「ロンパースベア 100人いたら100通りあっていい」<後編>

秀島史香(ラジオDJ、ナレーター)/大隅優子(主婦の友社、Milly、Pre-mo・Baby-mo編集長)

自己肯定感は親が子に伝えることで育まれる

わが子の想い出のロンパース(つなぎのベビー服)をリメイクして作る、くまのぬいぐるみ「ロンパースベア」は2013年11月の発売開始からこれまでに2000体以上が世に送り出されてきました。そんなロンパースベアを娘さんの想い出のロンパースで作ったラジオDJ、ナレーターとして活躍する秀島史香さんと、主婦の友社の「Milly」「Pre-mo」「Baby-mo」編集長である大隅優子さんが、特別対談を実施。

後編は、ロンパースベアの大切な役割の一つである「自己肯定感」について、それぞれの子育ての経験からお話しいただきました。

併せて2018年5月25日受注分からスタートした、乳児院のこどもたちへロンパースベアをプレゼントする「ロンパースベア みんなのこども未来プロジェクト」について、お二人の思いをお伝えいたします。

今の時代だからこそ、必要なこと

秀島史香さん(以下、敬称略):ロンパースベアのように、生まれて間もない時期の想い出を形にして残せるというのは、お母さんのためにもなりますよね。多くのご家庭で、子どものことでカリカリしてしまうことってあると思うんです。そんなときにロンパースベアが視界に入ると「いけない、いけない」と思える。あのころ、このロンパースを着ていたんだな…そういえばこの子はまだ、7年しか生きてないんだから、いろんなことがうまくできなくても当たり前だよね、こんな小さかったんだもの……という思いを引き出してくれますから。

大隅優子さん(以下、敬称略):言葉が通じなくて、初めてのお子さんの場合は特に、戸惑うことも多くて。その大変だった時期のことを、くまのぬいぐるみという形にすることで、「自分は親から愛されている」という実感が持てる、自己肯定感が育まれるという狙いも、このロンパースベアにはあるんですよね。

秀島:自己肯定感って、いきなり芽生えてくるものではなくて、誰かが伝えることで生まれて、育まれる感情だと思います。そうなると一番近い、親が伝えなければならないことなのかなと。
英語だと「self-esteem(セルフエスティーム)」、自尊感情などとも訳されますが、私は自己肯定感のほうがしっくりきます。私は10代をアメリカで過ごし、現地の学校に通っていたのですが、親が子どもに対して「You are so special!」「Good job!」と言ってあげる習慣があるんですよね。いつでも「良かったね!」「あなたはそのままでいいんだよ」とお母さんたちが声を掛ける。

それがすごいなと思っていました。学校でももちろん同じで、「一人一人が違っていいからこそ、あなたは大切なのよ」と伝える習慣がありました。
それはエゴや過信ではなく、みんながみんな、それぞれ大事という意味での肯定感であり、ひいては相手を尊重することにもつながります。
これは、今の時代だからこそ、必要なことではないかと、感じています。
実際、子どもが幼稚園など集団生活を送るようになると、クラスの中の子どもたちは本当にそれぞれ違っていて、それを感じる機会が多くなりますから。

大隅:集団生活を送るようになると、周りとの違いに子ども自身が戸惑うことも出できますよね。大人からすると、「そこだったの?」というような些細なことであることもありますし。